新型コロナウイルスと金券ショップの関係


新型コロナウイルスの影響は各所に見られていますが、
金券ショップの買取価格にも少なからず影響があるようです。

駅前などに店舗を構える金券ショップの主力商品は、
主に新幹線や電車などの回数券や切符類ですので、
緊急事態宣言前後からかなり深刻な経営不振が続いていたと思います。

実際、買取金額が下がった種別もあります。

私も緊急事態宣言下にあり、営業短縮などもされている最中、
(20年5月2日)
クオカードを金券ショップに持ち込みましたが、
通常92~95%あったクオカードは88%と落ち込んでいました。

うん、まぁ、そんな時期に持ち込んだ私も私ですが。笑

その後、緊急事態宣言が解除された地域から徐々にではありますが、
活気(というか街に人がいるだけ?)を感じられる日が増えました。

5月下旬にクオカードを再び持ち込んだところ、
(もちろん同一店舗ですよ)
通常どおり92%で買い取っていただけました。

店長に話を聞くと新幹線や電車の切符類はやはり動きがなく、
店舗の売り上げ(そもそも人が来ない!)は激減したとのこと。

ただ、金券類はそこまで深刻ではなかったらしく、
全国百貨店共通商品券などは好調だったのだとか。

・・・おいおい、クオカードは買い叩かれましたが?笑

今回の新型コロナ騒動(まだ続きそうですが)のおかげで、
ちょっとした価値観の変化が起きてしまいましたが、
やはり全国百貨店共通商品券は・・・お強いですね。

 【金券ねっと】即日発送・クレジット決済。充実サポートであんしん通販



 金券ねっとで失敗しないために併せて読んでね♪
【必読!】金券ねっとで商品券を購入する前にしておきたいこと